打牌が早い人は強い人が多い

麻雀必勝法!打牌が早い人は強い人が多い

 

さて、"打牌が早い人は強い人が多い"という事は、私の主観ではなく、
「科学する麻雀」という書籍の中で統計によって証明されています。

 

やはり打牌が早い人は、常に場を意識しながら打っており、無理な役作りなどせずに
確立に基づいた選択をしながら打つので余計な長考はしないものです。

 

逆に綺麗な役を作ろうとして、色々な役の可能性を考えながらあーでもない、こーでもない

長考する人


と考えている人は残念ながら弱い人が多いという統計結果が出ているのです。

 

 

フリー雀荘で色々な人達と打っていると、たまに打つのが遅い人をみかけます。

 

遅い人の中でもいくつか種類があり、色々な考えがまとまらない人や、自分の
世界に入ると時間が止まる人などです。

 

どちらのタイプも、通るパイを読むでお話ししたように、
常に通る牌を意識していれば、リーチをかけられてからの無駄な長考は無くなりますね。

 

他にも長考する時間を短縮する要素はありますが、とりあえずは通る牌、つまり安全牌を常に
意識して打つようにしてみてはいかがでしょうか?

 

これもひとつの麻雀必勝法ですね。

 

我々が捜し求めている麻雀必勝法をいうのは、結局このように常に場を見るとか、相手の
挙動を見るといった感じの細かい考え方の積み重ねなのではないかと思います。

 


高橋名人